Perio  

歯周病 歯を支える歯(歯槽骨)を溶かしてしまう病気

 歯周病

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)中の細菌が 歯と歯肉の隙間(歯周ポケット)に入り込み、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。細菌の出す毒素が歯肉に炎症を 起こし、そして歯を支えている骨を溶かしてしまい、最終的には歯が抜け落ちてしまう、怖い病気です。

歯を失う原因の第一位は歯周病

厚生労働省の実態調査によると、20代の抜歯理由は虫歯ですが、30代後半から歯周病による抜歯が、歯を失う最大の原因になっていることが報告されています。また日本人の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。

早期発見・早期治療が大切

歯周病は「沈黙の病」 と呼ばれるほど、自覚症状がはっきり現れず、ゆっくりとそして確実に口の中の状態を悪化させていきます。気付いたときには、歯周病がかなり重症化していることも少なくありません。次のような症状はありませんか?

  口臭が気になる
  歯肉が赤く腫れている
  歯を磨いたときに血が出る
  歯がぐらぐらしてきた
  歯と歯の間にすき間ができてきた
  歯が長くなったような気がする
  食べ物が噛みづらくなってきた
  半年以上、歯科医院に行っていない

こんな症状に当てはまる方は一度、歯科にご来院される事をおすすめします。歯周病治療は、早期に発見して治療できれば治療も簡単で費用も少なくすみます
大切なのは予防、診断そして適切な治療です

歯周病症例

症例集

再生療法について

欧米を中心に歯周病に対する治療は、急速な進歩を遂げ、現在では進行を阻止することが可能となり、状況によっては元の健康な状態に戻すこと(再生療法)さえ出来るようになってきました。当医院では、エムドゲインを使用した、歯周組織再生療法を導入しております。